神の降り立つ地~上高地~

身も心も澄み渡るどこまでも青い世界

上高地(かみこうち)は本来「神垣内」と表記され、穂高神社奥社と明神池に祀られている「穂高見命」が穂高岳に降臨したことに由来します。穂高連峰をはじめとする3000m級の山々に囲まれた非常に美しい平野は迫力ある連峰と美しい川に囲まれ、まさに神秘的な風景が広がっています。

梓川と穂高連峰

1915年に焼岳により梓川がせき止められ作られた大正池は湖底まで透き通って見えるほどの美しい水が流れており、岳沢湿原では小鳥のさえずりをBGMに季節の花々をお楽しみいただけます。


上高地は中部山岳国立公園の一部で国の特別名勝・特別天然記念物に指定されており、澄んだ空気と自然を目一杯堪能することが出来ます。

上高地への行き方上高地は通年マイカー規制が行われています。バスかタクシーをご利用下さい。

【さわんどからバスで行く】

宿から徒歩4分程の場所には上高地シャトルバスのバス停『さわんどバスターミナル』がございます。
30分ほどバスに揺られると上高地の雄大な景色が目に飛び込んでくる事でしょう。

※さわんど足湯公園バス停は降車専用ですのでご注意下さい。

【バス時刻表、料金】

リンク先 http://www.alpico.co.jp/access/kamikochi/sawando/

【さわんどからタクシーで行く】

さわんどバスターミナルにはタクシー共同配車場もあり、時間に囚われず一日をお楽しみいただけます。 沢渡から上高地まではタクシー定額料金で安心してご利用いただけます。

【タクシー料金表】

リンク先 http://www.kamikochi.or.jp/access/transfer/#taxi